豊橋腰痛専門接骨院HOME > はじめてご来院の方へ

はじめてご来院の方へ

はじめてご来院の方へのイメージ

治療の流れ

1.来院
  • 当院は予約制ではありません。来院された順番で診療させていただきます。
  • お昼休みは特別診療(自費診療)をさせていただいています。
  • 保険証の提示をお願いいたします。
  • 問診票に記入していただきます(いつケガをしたか、どんな状態か、など)。
2.診察
  • 問診票をもとに、ケガをした状況を詳しくお聞きします(問診)。
  • 患部の傷の程度はもちろん、患者さまの姿勢や動作のクセなども確認します(視診)。
  • そして実際に患部に触ってみて、関節等のケガであれば可動域の確認などをします(触診)。
  • 診察時はカーテンで仕切るなどプライバシーにも配慮。女性の患者さまに好評です。
3.治療
機械治療、温熱治療

低周波治療器や患部を温める温安保治療で、患部の炎症を沈静化し、血管を拡張させます。こうすることで、次に行われる手技の効果がより高まります。

手技治療のイメージ
手技治療

当院の手技は、指圧に近い技法が特徴です。実際に触ってみて、筋肉の硬い場所や痛みを感じる場所(トリガーポイント)を見つけ出し、その部分を集中的にほぐしていきます。
その後、体全体の矯正を行うこともあります。
当院では、ケガの治療は患部だけではなく、患者さまの体全体を見ながら行っています。何故なら、痛みの原因は患部以外の場合もあるからです。
たとえば、腕やひじが痛くても、その痛みの原因は首の神経叢にあるかも知れません。全身を見てはじめて原因が究明されるのです。

4.生活指導・運動指導

患者さまの生活上の姿勢や動作のくせが、ケガを再発させる原因になる場合があります。それを防ぐため、寝るときの姿勢、座り姿勢、立ち姿勢などの日常生活の中の動作を指導いたします。再発防止の他、痛みの軽減にもつながります。

料金

当院では、特別診療として手技(全身マッサージ)、プロテック治療、
腰痛専門治療をお受けしています。
特別診療の時間は、昼休み(12:30~14:30)、診療時間後(20:00~)にて、
完全予約制でお受けしております。

保険取扱いについて

健康保険・自賠責保険・労災保険など各種保険を取り扱っています。
ただし、2週間以上経過した外傷は、健康保険の取り扱いができないのでご注意ください。

慢性的な腰痛、肩こり等は自費診療となります。

よくある質問

労災保険は使えますか?

可能です。ご相談ください。

交通事故治療の自賠責保険は使えますか?

患者さまが被害者の場合、相手方(加害者)の自賠責保険を適応することができます。また、患者さまが加害者であったときは、加入している任意保険で対応できる場合ができます。さまざまなケースが考えられますので、まずはお問い合わせください。

開院時間はどうなっていますか?

基本的な診療時間については
月~水・金曜日が8:30~12:00、15:00~20:00
土曜日が、8:30~12:00、15:00~18:00
日曜日が、8:30~12:00
と、なっています。  中西接骨院の診療時間の詳細はこちらをご覧ください。

  • 休診日は木曜、第1日曜、祝日です。
  • 特別診療は、開院日の12:30~14:30、20:00~21:30でお受けしています。
  • 土曜は18:00~でお受けしています。
  • 日曜の時間外については事前にお電話でご相談ください。

駐車場はありますか?

駐車場は、4台完備しています
(満車の際は、別の駐車場をご案内しますので、お声掛けください)。

中西接骨院ではどんな治療をするのですか?

当院では、保険診療と特別診療を行うことができます。

  • 保険診療

手技、低周波治療、ホットパック、遠赤外線治療、干渉波治療

  • 特別診療

FMT腰痛治療、微弱電流治療アキュスコープ、マッサージ

交通事故に遭い整形外科に通っているのですが、
交通事故の治療で転院しても大丈夫ですか?

自賠責保険適用しておりますので、まったく問題ありません。当院では、特に交通事故治療に関して、多くの患者さまが整形外科医院から転院されています。この場合、同時通院も可能です(同じ日の通院は不可)。実は頸椎捻挫といわれるむちうちは、接骨院の得意分野です。

時間外対応は可能ですか?

事前にお電話をいただければ、随時対応いたします。
当院の時間外対応で特に多いのは、お子さまの「肘内障」(ひじが外れること)や交通事故の怪我の対応、ギックリ腰などの相談が多いです。
もしお子さまが片方の手を動かさなくなったら、肘内障の恐れがあります。放置しておくと、難治性になる場合があります。おかしいなと気づいたら当院にご相談ください。